寒くなると欲しくなってくるのがニット。
でも、ニットに対して子供っぽい印象や古臭い印象ってありませんか?
そんな人は、たぶん、昔ながらのモコモコセーターを思い浮かべているのでは?
最近のニットはもっとオシャレでスマートです。

例えば、地模様でアーガイルが織り込まれたニット
光の加減で生地にうっすらとアーガイル模様が浮かび上がります。
柄物ほど主張せず、コーディネートが難しくないので、オシャレ初心者でも使いやすいアイテムです。
地模様の例
※メンズスタイルより画像を引用

1色で折られているので、シンプルで、実際はパッと見ただけでは無地のニットようにも見えます。
でも、近づくとアーガイル模様がわかる。
そんなさりげなさが大人っぽい感じで女性にもウケます。

寒くなったらアウターやネックアイテムと合わせてもカッコよく着こなせます。
薄手なので、細見のジャケットでも着ぶくれないのがうれしい!
コーディネート例

筆者の使い方

今の時期はカットソー感覚で1枚で着ます。
ニットはチクチクするイメージがありますが、アクリルやナイロンが入っていると肌触りが良くなり、チクチクしないことが多いです。
ウール以外のニットは安物ってイメージが昔はありましたが、最近は素材も進化しています。

寒くなってきたらVネックのインナーを合わせます。
首元が広く開いていないので、インナーを着ても目立たず、雰囲気を崩しません。
余計な計算をしなくてもカッコイイ!手抜きができるポイントです。

選ぶポイント

今ニットを買うなら、薄手の生地で!
とは言っても、寒くなる季節なのでスケスケはNG!
色は黒だとフォーマル感が強くなるので、程よくカジュアルに着こなせるグレーがおすすめです。
濃いめグレーはクールに、ライトなグレーは優しげに見えます。